より良いおもてなしコミュニケーションのためには事前準備が大切です

2016.11.28

より良いおもてなしコミュニケーションをするためには、あなたのお店ではどのような事前準備をしていますか?

%ef%bc%92
お客様をお迎えするには準備が必要になりますよね。

お客様に満足をしていただくためには次の3つが必須です。

 

1. スタッフの教育

あなたのお店ではどのようなスタッフ教育を行っていますか?
社内で教育を行っているお店も多いかもしれません。
レベルの高い教育を行うためには外部講師にお願いをすることをお勧めします。

社内同士の場合だとどうしても遠慮が発生することがありますよね。
何か不満に思っていたとしても先輩社員には伝えることが出来ません。

その点、外部講師の場合には冷静かつ客観的にとらえてくれます。
そして教育も平均的に教育を行うことが出来るの育成のプロです。

ところが・・
最近は講師のレベルもいろいろです。
同じ講師に毎年お願いしているとなぁなぁになるケースすら出てきているようです。

これでは高いお金を払ってお願いする意味がありませんよね。
同じレベルの内容でも講師が異なるとまったく違った学びになることがあります。

おもてなしWA心®プロジェクトでは講師には同じ内容の教育が行えるようにしています。

 

2. お店のしつらえ

お客様をお迎えするためにはお店のしつらえが大切ですよね。
整理整頓をしてお客様が過ごしやすい場を提供することもおもてなしです。

最近はトイレを意識しているお店が多いですよね。
綺麗なトイレは気持ちがいいものです。

ところが、
意外と盲点になりやすいのがレジ回りです。
レジは必ずお客様側から見た部分も綺麗にしておいてくださいね。

せっかく気持ちの良い接客を受けて満足されているお客様をレジ回りでがっかりさせてしまうのは勿体ないことです。

 

3. お客様に満足していただくための工夫を考える

お客様に満足していただくためには工夫をすることが大切ですよね。
工夫のためにはミーティングが欠かせません。

あなたのお店ではミーティングを毎日行っていますか?
毎日行うと報告事項だけ終わりになりがちです。

スタッフ一人一人が考えて行動をするようにするためには、このミーティングの場がとても大切になるのです。
毎日、ミーティングの際には次の日の議題を出してください。
そして一人一人考えてくるようにするのです。

考えを発表する場がミーティングです。
それぞれの意見を持ち寄り、発表を行うことで意識変化を起こすことが出来るようになるのです。

実際にお客様は千差万別ですよね。
その場その場での臨機応変さが必要になります。
臨機応変能力を身につけるためにもミーティングで自分の意見を述べて発表し、工夫し行動を起こすことが必然だと思いませんか?

あなたのスタッフをプロ集団に変える!
3分間ミーティング

あなたはこんなことを考えたことはありませんか?

☑マナーはできてるのに、お客様の満足度が上がらない…
☑正しく接客できてるけど、親しみがない…
☑スタッフの働く姿勢が受け身になってる…

私は日本しぐさ協会の代表理事として、イメージアップやしぐさコミュニケーションについてのべ20,000人以上のサポート・研修を行ってきました。
その中で、先ほどのような悩みを抱える多くのお店を見たきたのです。
そして、このような悩みを抱えるお店に、「ある共通点」があることに気が付きました。

それが、

「スタッフのプロ意識が低い」

というものです。

私がサポートさせていただいたお店は、このスタッフのプロ意識に関する課題を、たった3分間のミーティングを活用することでクリアしてきました。

そして今回、そんな3分間ミーティングのコツをメール講座にまとめ、無料でご提供させていただくことになったのです!

メール講座にご登録いただいた方には、「すぐに使えるおもてなしのプロになるための5大ポイント」の解説動画もプレゼントいたします。

ご興味のある方は、下記のボタンをクリックして詳細をご確認ください!


あなたのスタッフをプロ集団に変える

メルマガ

おもてなしwa心受賞事業者

日本しぐさ協会

おもてなし技能マスター制度facebook

おもてなし技能マスター制度youtube動画ページ

賛同いただいている事業者様