効果的なミーティングを行いお客様へのおもてなしコミュニケーションを上げる

2016.9.23

あなたのお店では効果的なミーティングを行っていますか?

%ef%bc%91

お客様満足度を上げるための話し合いをしていますか?
お客様の満足度を上げるためには、スタッフ経験を共有する場が必要ですよね。
お客様の情報を共有する場としてもミーティングがオススメになるのです。

効果的なミーティングを行っていますか?

あなたのお店では、効果的なミーティングを行っていますか?
どのくらいの頻度でミーティングを行っていますか?

月に一度?
それとも週に一度ですか?

実はこの回数ではミーティングではなく報告会になってしまいますよね。
これではミーティングの意味合いを持ちません。

本来ミーティングでは、スタッフそれぞれの持っているスキルを共有すべき場なのです。
そのためには、ミーティングの頻度は

毎日

行うことが大切です。
毎日なんて無理だとは思わないでくださいね。

毎日ミーティングを行うためには、短時間で行わないとスタッフの負担になってしまいますよね。

そこでオススメしているのが短時間ミーティングなのです。

 

短時間ミーティングを効果的に行う方法

では、
短時間ミーティングを効果的に行うためにはどのようにすればいいのでしょうか?

短時間ミーティングというとどれくらいの時間を想定されますか?
スタッフに負担がかからない時間となると、3分から5分程度の短いミーティングを行うことが理想ですよね。
そんなに短い時間では情報交換なんてできない!
そのように思ってはいませんか?

短い時間で効果を出すためには

 

 事前準備

 

が必要になるのです。
あらかじめ、議題になることをスタッフに課題として準備をしてもらってくださいね。

常に考える癖をつけることがオススメなのです。

例えば

「もっとお客様が満足をされるためにはどのようにすればいいか?」

実際の会議でもこのようなことを話し合っていますよね。
ところが・・
なかなか意見が出てこない!
というパターンが多いのです。

その理由はなぜだと思いますか?
間違ったことを言って指摘されるのは嫌だ。
このように考える人もいるのです。

もしかするとほとんどのスタッフがこのように考えているのかもしれません。

だからこそ
事前に議題を伝えるのです。

例の

「もっとお客様が満足をされるためにはどのようにすればいいか?」

をスタッフ一人一人に考えてもらいます。
そして、ミーティングの場では考えたことを発表してもらうのです。

これなら時間はかかりませんよね。
人数が多い場合には、グループごとでまとめてから発表をしてもらうようにしてくださいね。

スタッフ全員に考える癖をつけることが、短時間ミーティングを行う真の目的と言っても過言ではないのです。

あなたのスタッフをプロ集団に変える!
3分間ミーティング

あなたはこんなことを考えたことはありませんか?

☑マナーはできてるのに、お客様の満足度が上がらない…
☑正しく接客できてるけど、親しみがない…
☑スタッフの働く姿勢が受け身になってる…

私は日本しぐさ協会の代表理事として、イメージアップやしぐさコミュニケーションについてのべ20,000人以上のサポート・研修を行ってきました。
その中で、先ほどのような悩みを抱える多くのお店を見たきたのです。
そして、このような悩みを抱えるお店に、「ある共通点」があることに気が付きました。

それが、

「スタッフのプロ意識が低い」

というものです。

私がサポートさせていただいたお店は、このスタッフのプロ意識に関する課題を、たった3分間のミーティングを活用することでクリアしてきました。

そして今回、そんな3分間ミーティングのコツをメール講座にまとめ、無料でご提供させていただくことになったのです!

メール講座にご登録いただいた方には、「すぐに使えるおもてなしのプロになるための5大ポイント」の解説動画もプレゼントいたします。

ご興味のある方は、下記のボタンをクリックして詳細をご確認ください!


あなたのスタッフをプロ集団に変える

メルマガ

おもてなしwa心受賞事業者

日本しぐさ協会

おもてなし技能マスター制度facebook

おもてなし技能マスター制度youtube動画ページ

賛同いただいている事業者様