ガイドライン

日本しぐさ協会「おもてなしWA心®」プロジェクトガイドライン

1 おもてなしWA心®プロジェクトについて
当プロジェクトはおもてなしの心を大切にし、普及させるためのプロジェクトとして一般社団法人日本しぐさ協会として個人に対する資格付与、法人に対する認定付与を行うプロジェクトです。
2 個人向けおもてなし技能マスター®資格について
(1)個人向けのおもてなし技能マスター®講座の初級・中級・上級講座の実施
それぞれの講座内容は以下のとおりとする。

講座名 時間 講座内容 料金
初級(ブロンズ) 3.5時間 基本マナー5原則(知識)+ロープレ+精神性 3万円
中級(シルバー) 6時間 知識、スキル、精神力、空間、あり方+英会話 5万円
上級(ゴールド) 6時間 ロープレ、英会話、一流ホテル並みの気遣い 5万円

講座料金については1名あたりの料金となります。
本資格の有効期限は3年間とします。再取得に当たっては再度、講座受講ならびに試験合格が必要となります。
(2)講座開催地について
講座開催は、札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡の6拠点とする。
初級講座の開催は月に一度、原則として平日に開催を行う。
中級講座は3か月に一度の開催。上級講座は3か月に一度の開催とする。
(3)講座担当講師について
おもてなし技能マスター®講座開催における担当講師はおもてなし技能マスター®認定講師合格者によるものとします。
(4)講座申込窓口について
一般社団法人日本しぐさ協会を窓口とします。
開催の際にはおもてなしWA心®プロジェクトHPに講座日程をアップします。
(5)特別開催について
原則として当協会の設定日時での講座開催を行う。ただし以下の場合には特別開催として随時講座開催を行うことが出来る。
⇒同企業、同店舗における20名以上の申込があった場合
講師を派遣し、特別開催を行うことが可能です。その際の交通費ならびに宿泊が伴う場合には宿泊料が別途必要になります。
(6)講座会場までの交通費、宿泊費は参加者負担とする。
(7)下記に該当する場合には、当協会の判断により、本講座の中止、中断、または変更を行うことができるものとする。
①停電、火災及び天災等の不可抗力により本勉強会の提供ができなくなった場合。
②戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等により本勉強会の提供ができなくなった場合。
③その他、当協会が本講座の中止、中断または変更が必要と判断した場合。
(8)おもてなし技能マスター®講座における解約・返金等について
①クーリングオフについて
当協会と受講生によるクーリングオフの取り決めを行うものとする。
原則としてご入金後の解約は認めないものとする。
②講座期間中の受講停止(中途解約)について
中途解約の有無についても当協会と受講生の取り決めによるものとする。

3 講座開催における設備について
(1)本講座受講生は、当協会ウェブサイト(以下「本サイト」といいます)において「おもてなし技能マスター®」の名称で運営するサービス(以下「本講座」といいます。)を利用するにあたり、当協会指定の動作環境等(以下、「動作環境等」といいます。)を事前に確認して、動作に必要となるパソコン、ソフト、通信機器等の費用、及びインターネット接続等に関する費用、通信環境など当該講師の設備(以下、総称して「お客様設備」といいます。)として必要なものは、本講座受講生の費用と責任においてご用意いただきます。
4 おもてなし技能マスター®講座受講資格、認定試験について
本講座の申込方法、申込期間、申込段階における受験資格につきましては、下記のとおりとなります。
(1)講座申込方法
当協会の申込ページを使用することする。ただし、認定講師主導における講座開催の場合においては当該講師専用の申込ページを当協会にて作成いたします。
(2)申込期間
講座開講の7営業日前まで申込を可能とする。
(3)受講資格
学歴・年齢・性別・国籍に制限はありません。
(4)講座修了後、試験合格者に合格証を発行いたします。尚、個人が所属する団体は当協会と別途契約を締結し、年会費を支払うものとする。年会費の詳細については第6項の2を参照のこととする。これらの費用には年2回におけるミステリーショッパーの代金が含まれているものとする。
5 講座運営について・講座の中止、中断、変更
(1)下記に該当する場合には、当協会の判断により、本講座の中止、中断、または変更を行うことができるものとし、受講生には予め伝える必要がある。
①本講座に関連するコンテンツの保守を定期的又は緊急に行う場合。
②停電、火災及び天災等の不可抗力により本講座の提供ができなくなった場合。
③戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等により本講座の提供ができなくなった場合。
④講師の急病、その他予期せぬトラブルにより本講座の講義が不能又は著しく困難となった場合においては、受講生に連絡の上、別途日程を設けることとする。
⑤その他、当協会が本講座の中止、中断または変更が必要と判断した場合。
(2)当協会は、当協会の責めに帰すべき事由によらず、本講座が中止、中断、または変更等され、受講生に於いて受講を予定していた講義の受講が不能となった場合、補講等の措置を検討するものとします。
(3)当協会は、理由の如何を問わず、本条に基づき本講座を中止、中断、または変更したことにより 受講生が被る損害について一切免責されるものとします。
6 おもてなしWA心®プロジェクト(企業向け認定)について
おもてなし技能マスター®資格保持者を雇用している企業に対し、以下の条件を元に認定を行う。
(1)当協会では、その「おもてなし技能マスター®」の資格を得ている従業員の人数、その事業者様のサービスレベルに応じて、事業者様からの申請と所定の年会費を納めていただいた場合、「おもてなしWA心®の認定を付与」します。
「おもてなし技能マスター®の資格」はレベルに合わせて初級(ブロンズ)、中級(シルバー)、上級(ゴールド)の3つ種類に分かれています。
「おもてなしWA心®の認定」を受けた業者様にはサービスのレベルによって、下記の通り、認定マークを付与します。

🌸従業員の中に初級資格取得者がいる
🌸🌸従業員の中に中級資格取得者がいる
🌸🌸🌸従業員の中に上級資格取得者がいる
別途、年間優秀表彰企業(10社を予定)

認定マークについては、店舗・HP・パンフレット等に記載可能です。
(2)年会費について
認定付与のためには下記の年会費を当協会に収める必要があります。

認定維持費用・・・
年間3万円(10名以下の事業所)
年間5万円(50名以下の事業所または店舗数3店舗以内)
年間10万円(100名以上の事業所店舗数3店舗以上)

規模により年会費が異なります。

(3)年間アワードの開催
年に1度、優秀企業を表彰するアワードを開催します。
小規模事業者部門、中規模部門、大規模部門等の部門別の最終週企業の選定を行います。

(4)覆面調査の実施
おもてなしレベル維持のために専門業者による覆面調査を実施いたします。

7 当協会と受講者とのかかわりについて
(1)受講生は、自らの責任と負担に於いて、講義開始予定時間前に開講場所にお越しいただくものとします。なお、当協会は、受講生の遅刻、早退、欠席、その他トラブル等により生じた講義の受講不能等については一切の責任を負わないものとします。
(2)やむを得ぬ理由での欠席による講義の振替については、当協会の判断によるものとします。ただし、すでに講義科目が日程終了している場合、また、振替する講座がすでに定員に達している場合は、振替できません。
8 解約・登録取消
当協会は、認定事業所に対し以下の各号いずれかの事由に該当する場合には、本契約を解除し、本サービスの取り消すことができるものとします。
(1)本規約または本契約のいずれかの条項又は規定に違反した場合。
(2)当協会に提供された登録情報の全部又は一部につき虚偽、重要な誤記又は記載漏れが判明した場合 。
(3)認定事業所が本サービスの運営を妨害した場合。
(4)その他当協会が本サービスの認定の継続が適切でないと判断した場合。
1認定事業所が本サービスの利用者登録を取り消された後または取消を申し出た後、利用代金の支払い分が残っている場合、認定事業所の支払義務はその利用代金の支払いが終了するまで継続されるものとします。
2当協会は、本条に基づく認定登録の取消により認定事業所が被る損害について一切免責されるものとします。
3 年化費の支払いが1か月以上滞った場合には通知後、認定を取り消します。
9 著作権及び商標について
(1)当協会が受講生ならびに認定事業所に提供する教材等(テキスト、コンテンツ、映像、データの集合体等、以下、本件教材という)に関する財産権は当協会に帰属しております。また、受講生に提供されている本件教材は、著作権法、商標法等により保護されています。
(2)本件教材は、著作権法で定める個人の私的目的以外に使用することはできません。
(3)受講生ならびに認定事業所、第三者が、当協会の許諾を得ないで本件教材を複製、頒布、譲渡、貸与、翻訳、再利用することはいかなる方法においてもできません。
(4)講義等において受講内容等を収録(録画・録音等)することはできません。
(5)上記に違反した場合は、直ちに差し止めを求め、退会処分とさせていただきます。加えて民事上の措置及び刑事上の措置をとらせていただきます。
10 おもてなし技能マスター®、おもてなしWA心®の名称利用
おもてなし技能マスター®講座を修了し、試験合格された個人は、おもてなし技能マスター®として名称を使用することが出来る。その際には初級、中級、上級の分類を使用することとする。
11 会員
会員とは、 当協会から認定を行った事業所ならびにおもてなし技能マスター®資格保有者をのみを言います。会員は以下の各号に従わなければなりません。
(1)会員は、会員としての権利を第三者への利用許諾、貸与、譲渡、名義変更、売買、質権の設定、その他の担保に供する等の行為をしてはならないものとします。
(2)会員証の管理不十分、第3者の使用等により被った損害の責任は、会員の故意過失の有無にかかわらず、会員が負うものとし、当協会はかかる会員の全ての損害から免責されるものとします。
(3)会員としての権利を他人に不正に利用させた場合、並びに会員が不正に利用した場合には、それによって派生した損害の賠償を請求いたします。
1 会員証を紛失した場合は、再発行いたします。なお、再発行には別途手数料がかかります。
12 連絡及び通知
(1)本プロジェクトに関するおもてなし技能マスター®資格保有者ならびに認定事業所への通知方法は、当協会の定める方法(本サイト上の告知、電子メール、メールマガジン等を含みますが、これらに限りません。)に従うものとします。
(2)本講座に関する会員に対する通知が前項に定める所定の方法に従ってなされた場合には、会員は当該通知を受領したものとみなします。
13 損害賠償
(1)会員は、本規約または本契約に違反することにより、又は、本講座の開催に関連して当協会に損害を与えた場合、当協会に対しその損害を賠償しなければなりません。
(2)会員は、本講座の開催に関連して第三者に損害を与え、当協会が当該損害を賠償した場合、当協会に対し同損害を賠償しなければなりません。
14 分離可能性
本規約のいずれかの条項又はその一部が無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定又は一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。
15 合意管轄
本規約及び本契約に関して生じた一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管理裁判所とします。
16 準拠法
本規約及び本契約の成立及び効力並びに本契約に関して発生する問題の解決及び履行等については、日本国の法律に準拠するものとする。
17 規約の変更
(1)当協会は、本規約又は本プロジェクトの内容を任意に変更できるものとします。また、変更された本規約の効力は、変更後の本規約が本サイトに掲載された時より生ずるものとします。
(2)当協会は、前項の当該変更の掲載後、認定事業所が年会費の更新を行った場合には、当該変更の内容に同意したものとみなします。
(3)当協会は、本条に基づく本規約等の変更により認定事業所ならびに会員が損害を被ったとしても、その賠償責任からは一切免責されるものとします。
18 個人情報の取り扱いについて
(1) 個人情報は、当協会が厳重に管理・保管いたします。
(2) 個人情報の取扱いを、弊社と機密保持契約を締結した企業に委託する場合があります。この場合、個人情報を適正に管理できる企業を選定し、かつ、適正な管理を実施させるよう努力します。
(3) 個人情報は、法令等による場合を除いて、ご本人の同意なしに第三者に開示することはありません。
(4) 個人情報は以下の目的でのみ使用いたします。
 ①講座等申込内容の確認
 ②講座申込者ご本人からのご質問に対する対応
 ③講座申込者、当該講師への教材の発送等
 ④講座に関するご案内、お問い合わせ
 ⑤講座説明会、各種イベント、関連事業等などのご案内、お問い合わせ
 ⑥営業等に役立つ情報の提供
 ⑦個人を特定できない方法、形式による統計資料の作成
(5) 当協会が保有する個人情報の変更・修正をご希望される場合はご連絡ください。状況をお伺いし、必要な手続きに入らせていただきます。
19 施行日
本規約は平成28年6月1日より発行します
一般社団法人日本しぐさ協会    代表理事 伊勢田 幸永

メルマガ

おもてなしwa心受賞事業者

日本しぐさ協会

おもてなし技能マスター制度facebook

おもてなし技能マスター制度youtube動画ページ

賛同いただいている事業者様