認定について

おもてなし技能マスター事業者様が「おもてなしWA心®」の認定を授与するためには、当協会の指定する研修をスタッフに受けていただく必要があります。
研修を受け、試験に合格した方は、「おもてなし技能マスター®」の資格を得ることができます。
当協会では、その「おもてなし技能マスター®」の資格を得ている従業員の人数、その事業者様のサービスレベルに応じて、事業者様からの申請と所定の年会費を納めていただいた場合、「おもてなしWA心®の認定を付与」します。

「おもてなし技能マスター®の資格」はレベルに合わせて初級(ブロンズ)、中級(シルバー)、上級(ゴールド)の3つ種類に分かれています。
「おもてなしWA心®の認定」を受けた業者様にはサービスのレベルによって、下記の通り、認定マークを付与します。
※資格有効期限は3年間となります。再度、講座受講ならびに試験合格を要します。

sakura 従業員の中に初級資格取得者がいる
sakurasakura 従業員の中に中級資格取得者がいる
sakurasakurasakura 従業員の中に上級資格取得者がいる

おもてなし技能マスター®研修

seminar飲食業・ホテル業・美容関連業・士業・医療、介護福祉関連・小売業における細分化分析により、それぞれの業界において必要な教育プログラムを準備しています。
細分化分析により、教育後のチェックリストとしての使用も可能になるため企業側にとって教育が活かされているかどうかのチェックが日々行うことができ、継続的なサービス向上が見込めます。

監修には異文化コミュニケーション、リーダーシップの研修を実施し、マイクロソフト等の幹部研修等の実績がある、ハワイ大学の名誉教授 吉川宗男氏が担当しています。

資格有効期限について・・有効期限は3年間となります。再取得の場合には再度、講座受講ならびに試験合格が必要です。
おもてなしレベルを維持するためには、時代に応じた接客が必要になります。テキストは1年に一度改定し、時代に合った内容を取り入れています。

メルマガ

おもてなしwa心受賞事業者

日本しぐさ協会

おもてなし技能マスター制度facebook

おもてなし技能マスター制度youtube動画ページ

賛同いただいている事業者様